• Twitter
  • Instagram

イントロダクション

直木賞作家・奥田英朗の人気小説「純平、考え直せ」が待望の実写化!
任侠道とSNS、若者たちの葛藤が交差する衝撃作が誕生!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平21歳。いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送る。そんな純平がある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平。実行の日まで、わずか3日間。偶然出会ったOLの加奈と一夜を共にし、2人は、決行の日まで行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。やがて決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!――限られた3日間を刹那に駆け抜ける疾走感に、心を揺さぶられる新たな青春物語が誕生しました。

主人公・坂本純平を演じるのは、『ちはやふる』シリーズ(2016-2018)『帝一の國』(2017)『ラブ×ドック』(2018)などの人気話題作に立て続けに出演し、人気・実力ともに注目を集める野村周平。本作では、リーゼントにまとめた風貌で歌舞伎町のチンピラを演じ、これまで誰も見たことがない新たな野村周平像から目が離せない!!
そして、純平と三日間を共にするヒロイン、山本加奈を演じるのは、初代グラビアクイーンとして人気を博し、2014年以降女優としての活動をスタートさせた柳ゆり菜。本作は柳ゆり菜にとって女優魂で熱演した印象深い作品となりました。

メガホンをとったのは、『子猫の涙』(2008/武田真治、広末涼子主演)『女の子ものがたり』(2009/深津絵里主演)『上京ものがたり』(2013/北乃きい主演)等で知られる森岡利行。
古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしました。

ページトップ